土壌 汚染 対策 法。 土壌汚染対策法の概要|東京都環境局

法 土壌 汚染 対策 法 土壌 汚染 対策

❤️ 第14条 土地の所有者等は、第3条第1項本文及び第8項、第4条第3項本文並びに第5条第1項の規定の適用を受けない土地 (第4条第2項の規定による土壌汚染状況調査の結果の提出があった土地を除く。

7
法 土壌 汚染 対策 法 土壌 汚染 対策

🤐 そこで近年、中・小規模開発の処理方法に相応しい 「原位置浄化=バイオレメディエーション」というバイオ浄化技術が注目されています。 土壌汚染状況調査の流れ 土壌汚染状況調査は、調査範囲や調査対象物質などをやみくもに決めるのではなく、資料に基づいて汚染リスクを判断しながら調査内容を決めていきます。 かかる改正については、土壌汚染が存在する可能性が高い土地において形質変更を行う場合には汚染の拡散を生ずるおそれがあることから規制対象をこれまでよりも広げることとしたものです。

17
法 土壌 汚染 対策 法 土壌 汚染 対策

✆ 土壌汚染対策法上の特定有害物質以外にも、近時特にPCBやアスベスト汚染土壌の取り扱いが問題となっていることから、下記も参照してください。 3-1. 土壌汚染対策法の一部を改正する法律• 土壌汚染対策法上の土壌汚染調査・報告義務を負う場合 土壌汚染調査・報告義務を負う場合 土壌汚染対策法(以下、特段の指摘のない限り「法」といい、同施行規則を「規則」といいます)により、 土地の所有者等に対して必要な届出、土壌汚染の調査・報告義務が課されています(土壌汚染対策法3条~5条)。

11
法 土壌 汚染 対策 法 土壌 汚染 対策

☭ )で、この法律の施行の日においてこれらの行為に係る行政事務を行うべき者が異なることとなるものは、附則第2条から前条までの規定又はこの法律による改正後のそれぞれの法律 (これに基づく命令を含む。 もっとも、借地契約において、土壌汚染の調査・対策を占有者(借地にある工場の設置者など)が行うという条項が規定されていた場合でも、所有者が土地の掘削等を伴う管理に関する一般的な権限を有している場合には、やはり土地所有者が調査・報告義務を負うことになることがあるものと思われます。

18
法 土壌 汚染 対策 法 土壌 汚染 対策

🚀 土壌の汚染に係る環境基準及び土壌汚染対策法に基づく特定有害物質の見直し等について• )を含むこと。 )の施行前にこの法律による改正前のそれぞれの法律の規定によりされた許可等の処分その他の行為 (以下この項において 「処分等の行為」という。 土壌汚染対策法の一部を改正する法律(平成29年法律第33号)の施行(平成31年4月1日)に伴う平成31年3月1日付け通知に関する計算ツールとマニュアル• )に係る工場又は事業場の敷地であった土地の所有者、管理者又は占有者(以下「所有者等」という。

18
法 土壌 汚染 対策 法 土壌 汚染 対策

👣 第1編:土壌汚染対策法に基づく調査及び措置に関するガイドライン(改訂第3版)• )であって、同条第二項第一号に規定する物質(特定有害物質であるものに限る。

15