中小 企業 等 経営 強化 法。 中小企業等経営強化法とは?

企業 経営 中小 法 等 強化 企業 経営 中小 法 等 強化

✇ 認定経営革新等支援機関による支援 認定経営革新等支援機関 主に商工会議所、商工会、中央会、金融機関、士業等 による計画策定の支援を受けられます。 関連リンク• そして、中小企業・小規模事業者等は、この事業分野別指針を踏まえて、自社にあった人材育成の取組、コスト管理のマネジメントの向上や設備投資等、経営力を向上させるための取組み内容などを記載した事業計画(経営力向上計画)を策定します。 【法的支援の概要】 実施する事業承継等の内容と、利用可能な支援措置の関係は、以下のとおりです。

企業 経営 中小 法 等 強化 企業 経営 中小 法 等 強化

🤗 2万円の減税 詳しくは、中小企業庁のHPをご覧ください。 なお、事業分野ごとに提出先が異なっておりますのでご注意ください。

19
企業 経営 中小 法 等 強化 企業 経営 中小 法 等 強化

😗 ただし 資本金3,000万円超え1億円以下の法人については、7%の税額控除が受けられます。 現在、郵送でご提出いただいている「経営力向上計画に係る認定申請書」は、から電子申請ができます。 第2節 - 異分野連携新事業分野開拓(第11条・第12条)• 経営力向上計画は、人材育成、コスト管理のマネジメントの向上や設備投資等、中小企業等の経営力を向上させるための取組み内容を記載する事業計画である• 国内への投資であること。

20
企業 経営 中小 法 等 強化 企業 経営 中小 法 等 強化

❤ 資本金または出資金の額が1億円以下の法人• 中小企業者とともに事業継続力強化に取り組む中堅企業に対し、連携事業継続力強化に必要な資金について金融支援を措置します。

7
企業 経営 中小 法 等 強化 企業 経営 中小 法 等 強化

💔 資本金または出資金を有しない法人のうち常時使用する従業員数が1,000人以下の法人• 日本政策金融公庫 融資のご案内 <商工中金による低利融資> 経営力向上計画を策定した場合、商工中金の独自の融資制度により、低利融資を受けられます。 全ての対象設備は、平成29年4月1日から令和3年3月31日の間に取得したものが支援の対象ですが、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して、手続き期間が以下の通りに延長されています。 また、証明書の発行には以下のとおり手数料がかかります。

3
企業 経営 中小 法 等 強化 企業 経営 中小 法 等 強化

😚この適用を受けるには、確定申告書等に特別償却準備金として積み立てた金額の損金算入に関する申告の記載をし、その積み立てた金額の計算に関する明細書を添付する必要があります。 この期限を超えてしまうと、中小企業経営強化税制は活用できなくなるので気を付けましょう。

18
企業 経営 中小 法 等 強化 企業 経営 中小 法 等 強化

👣 (注1) 生産等設備とは、その法人が行う生産活動、販売活動、役務提供活動その他収益を稼得するために行う活動の用に直接供される減価償却資産で構成されているものをいい、本店、寄宿舎等に係る建物附属設備、事務用器具備品、福利厚生施設のようなものは該当しません。