キャット タワー ダンボール。 キャットタワー&ウォークをDIY

タワー ダンボール キャット タワー ダンボール キャット

👈 スペースを取らない• 段ボールやカラーボックスを使ったキャットタワーは作り方が簡単で、DIY初心者でも気軽に挑戦することができます。 突っ張り棒をしっかりと固定すれば子猫が元気よく遊んでも倒れる心配がありません。 箱の中で寛ぐこともできるので、猫ちゃんも大喜びなキャットタワーですね。

8
タワー ダンボール キャット タワー ダンボール キャット

😜 飼い主が手作りしたキャットタワーはきっと猫も気に入ってくれるはずです。 高いところが好きという習性もあり、高いところに身を置いて敵から身を守ろうとしている場合もあります。 編集部一押しのキャットタワー・猫タワーの作り方でもご紹介しました。

16
タワー ダンボール キャット タワー ダンボール キャット

✆ また、ダンボール製キャットタワーは小型~中型が主流です。 木材を使えば本格的なキャットタワーをDIYすることも可能ですよ。 猫が好きな物を設置する 自作のキャットタワーを飼い猫があまり使ってくれない、なんてことも考えられます。

18
タワー ダンボール キャット タワー ダンボール キャット

🤙 4段タイプのカラーボックスであれば、高さもありますし、工夫を加えることも出来ます。 枝分かれしている部分に板材を置いてクッションを付けてあげたり、布を貼ってあげたりすると、猫の落ち着ける場所を作ってあげることが出来ます。

5
タワー ダンボール キャット タワー ダンボール キャット

😚 キャットタワーではなくキャットウォークを作成してしまうこともできるのが紙管のメリットです。

タワー ダンボール キャット タワー ダンボール キャット

🤚 高さ200cmにのぼるような大型のものは見つけるのが難しいかもしれません。 ただしお値段はけっこうしますよね。 市販のキャットタワーは値段が高いものもありますが、自作すれば安い費用で済むのも嬉しいポイントです。

14
タワー ダンボール キャット タワー ダンボール キャット

📞 たまたま出張先からの引っ越しの際に使用した、ダンボール箱から荷物を出していたら、我が家の猫ちゃんが飛び込んで遊び始めました。 コストも安く出来るのでおすすめですが、初心者には難しいかもしれません。 段ボールを組み立てる、出入口を作って段ボールを積むだけで出来てしまいます。

2